ほうれい線の消す方法とは?

年齢を重ねるとどうしても目立ち始めるほうれい線。

 

 

若いころと比べ、ほうれい線がどんどん目立つようになり始めると、ホント落ち込みますよね。

 

 

ほうれい線があるかどうかで、年齢が10歳以上変わって見えると言われています。

 

 

ですので、ほうれい線を消すことは、若く見せるために非常に重要なことです。

 

 

なので、当サイトでは、ほうれい線の原因や改善方法をお教えします。

 

 

 

ほうれい線の原因

 

そもそも、何でほうれい線の出来るのか。

 

 

ほうれい線の原因は、様々な要因がありますが、たるみによる原因が大きいです。

 

 

頬の筋肉が、加齢と共に衰え、その結果、頬の脂肪がたるむことにおり、ほうれい線が目立つようになってしまうのです。

 

 

特に、毎日しゃべったり、笑ったりする機会が少ない方は、頬の筋肉をあまり使いませんので、表情筋が運動不足になり、頬が垂れる原因となりますので要注意です。

 

 

また、肌の水分量の低下なども、ほうれい線の原因となります。

 

 

特に、いつも前かがみの方や、事務作業やパソコンを長時間する方などは、ほうれい線ができやすいので要注意です。

 

 

猫背や姿勢の悪さは、ほうれい線の原因となりますので、改善できる部分は、改善していきましょう!

 

 

ほうれい線がなくなれば、見た目年齢はマイナス10歳以上にもなると言われています。

 

 

ほうれい線をなくす方法

 

 

 

 

ほうれい線の消し方

 

ほうれい線の消し方は、大きく分けて2つあります。

 

 

1つは、ほうれい線対策専用の化粧品を使い、普段からのスキンケアで対策する。

 

 

お肌の内部まで水分を浸透させ、潤いを与え保湿することにより、ほうれい線を根本から改善し、ほうれい線を目立たなくさせることが出来ます。

 

 

そして、2つ目は、マッサージや筋トレで、表情筋を鍛え、ほうれい線を消す方法です。

 

 

表情筋の鍛え方は、けっこう知らない方も多いと思うので、マッサージ法を解説しますね。

 

 

一番オススメは、ペロ回し体操です。

 

 

やり方は、口を閉じて、そして歯の表面を、ベロでグルグル回しましょう。

 

 

右回りも、左回りも、20回ずつぐらいやってみて下さい。

 

 

やってみるとわかりますが、これけっこう疲れますよ。

 

 

また、ほうれい線の消し方で、大事なことは、ペロ回し体操などで口周りの筋肉を鍛えるということと、もう1つはスキンケアです。

 

 

乾燥肌の方や、保湿を怠っていると、ほうれい線を消すことは出来ません。

 

 

筋肉をつけつつも、普段からしっかりと毎日のスキンケアを行う必要があります。

 

 

また、シミやシワ対策として、おすすめなのがディセンシアのアヤナスBBクリームです。

 

 

アヤナスは、ディセンシアが開発した敏感肌、乾燥肌専用の検証水です。

 

 

乾燥肌を防ぎ、ほうれい線や、シミ、小じわ対策として非常に人気です。

 

 

アヤナスBBクリームは、さっとひと塗りするだけで、シミや小じわを消すことができる今大人気のBBクリームです。

 

 

アヤナスBBクリームは、下記サイトで詳しくレビューされています。

 

 

アヤナスBBクリームが口コミで話題!

 

 

シミやくすみ、小じわが気になる方は、お試しになってみてください。

 

 

見た目年齢はものすごく若くなりますよ。